学会誌について

一般社団法人 日本家族心理学会

機関紙「家族心理学研究」

会員の原著論文、資料論文、会務報告、情報等を収録する機関紙「家族心理学研究」を年2回無料配布しています。

家族心理学は、心理学分野ではフロンティアであり、取り組むべき問題は数多くあります。家族療法・ファミリー・カウンセリングなどの心理臨床領域だけでなく、家族関係の健康な発達のための社会教育的あるいは健全な家族関係の維持や増進に不可欠なコミュニティへのかかわりの面なども重視しなければならないでしょう。さらに、親子関係・夫婦関係・同胞関係などを対象とする実験社会心理学的研究もまた、本誌にふさわしい論文となるはずです。

本誌所収の原著論文の多くは年次大会時に口頭報告された論文の中から座長の推薦を受けた論文ですが、最近次第に自発的な投稿がみられるようになってきました。
今後、自発的投稿が一段と増加し、家族心理学の新しい地平が開かれることを期待します。
会員各位のいっそうのご協力をお願い致します。

掲載論文バックナンバー

 

論文投稿について

  • 投稿論文は、家族心理学研究投稿規定に準拠して執筆して下さい。
  • 投稿に際しては、投稿論文チェックリスト(2019年9月改訂)を用いて確認をして下さい。
  • 論文の投稿は、以下の内容を書留郵便もしくはレターパック(赤を使用のこと。青は不可)にてお送り下さい。
    • 論文4部
    • 学会誌もしくは当ホームページから入手した家族心理学研究原著論文掲載申込書に必要事項を記入したもの(コピー4部)
  • 論文送付先 *2019年6月より投稿先が変更となっています。
    〒464-8601 名古屋市千種区不老町
    名古屋大学大学院 教育発達科学研究科 狐塚貴博研究室内
    「家族心理学研究」編集委員会 宛

投稿関連の書式ダウンロード

投稿関連の規定・手引き・規約

査読者一覧

  • 常任編集委員 

 生田倫子 大熊保彦 奥野雅子 北島歩美 狐塚貴博 佐藤宏平 布柴靖枝 

 野末武義 長谷川啓三 花田里欧子 藤田博康 若島孔文

  • 編集委員

 石井佳世 石井宏祐 大野祥子 大塚 斉 亀口憲治 上西 創 隅谷理子 田附あえか 

 東本愛香 中野真也 野口修司 平山史朗 福丸由佳 松本宏明 三谷聖也 兪 幜蘭

  • 査読委員

 宇都宮 博 内田利広 神谷哲司 加茂 陽 今野義孝 澤田忠幸 高橋靖恵 

 谷口 清 畠中宗一 平石賢二 横谷謙次